2010年04月20日

2歳男児虐待死で元少年を起訴 大阪地検(産経新聞)

 大阪府門真市で今年3月、女性(19)の長男(2)が暴行を受けて死亡した事件で、大阪地検は16日、傷害致死罪で、女性と内縁関係にあった同居の元少年(20)を起訴した。元少年は起訴内容を認めているという。

 起訴状によると、元少年は3月28日午前2時ごろ、長男が泣きやまないことに腹を立て、頭部をわしづかみにして壁にたたきつけ、馬乗りになって胸をこぶしで何度も殴るなどの暴行を加え、同日午後3時半ごろに死亡させたとしている。

【関連記事】
なぜわが子を傷つけるのか? 止まらぬ虐待、愛されなかった過去…
夫がオーブンに入れてスイッチ…笑って見つめる妻 2歳長男虐待死公判
内縁関係3カ月…怖くなり逃走 男児虐待死の23歳男
性的虐待問題で法王の逮捕を要求 英作家ら
「かっとなって」3歳の娘を母親が虐待、意識不明に

重要文化財指定(時事通信)
スーツケースから出火、一時騒ぎに=ヘアアイロンが原因か−成田空港(時事通信)
<毎日デザイン賞>表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌(毎日新聞)
胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進−「画期的」専門家ら評価(時事通信)
地裁執行官2人、無断設置カメラで職場監視(読売新聞)
posted by カサイ サブロウ at 07:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。