2010年03月31日

普天間移設、複数選択肢も=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は29日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、鳩山由紀夫首相が政府案を一つにまとめる考えを示したことについて「一つの方向性はまとめたいが、首相はピンポイントで一つの案という考え方ではない。一つの案の中にも選択肢があるだろう」と述べ、政府案に複数の移設先が盛り込まれる可能性があるとの認識を示した。 

【関連ニュース】
現行計画も選択肢=普天間移設
徳之島で基地移設反対大会=4200人が参加
米国防長官と29日に会談=岡田外相、ワシントン入り
社民党の阿部氏、連立離脱に言及=「局面次第であり得る」
外相、米国へ出発

<東京スカイツリー>東京タワー抜く 高さ338メートルに(毎日新聞)
「国務に専念を」民主・小沢氏、閣僚発言にくぎ(読売新聞)
<茨城遺棄>遺体の身元判明 油で焼かれ切断(毎日新聞)
<日米密約>破棄可能性の文書は6点 岡田外相が明らかに(毎日新聞)
遺体取り違え解剖=公表せず−東京都監察医務院(時事通信)
posted by カサイ サブロウ at 07:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。