2010年02月04日

<自民党>激励というより苦言 テリー伊藤ら機関紙に寄稿(毎日新聞)

 自民党は今週発行した機関紙「自由民主」9日号で、演出家のテリー伊藤氏と漫画家のやくみつる氏の寄稿を1ページを割いて掲載した。テーマは「しっかりしろ自民党」。「もはや野党としても蘇生の見込みがない」(やく氏)など刺激的な言葉が並ぶ異例の内容で、党員がかえって意気消沈しないか心配する声も出ている。

 やく氏は自民党を「先の総選挙の投票終了時点で、波瀾(はらん)の生涯を閉じられた」と断じ、「長年の失政のツケを払わされて汲々(きゅうきゅう)としている民主党を自民党に攻める資格はない」と批判した。テリー氏も「自分の夢をひとつも語らずに、恋敵(民主党)の悪口ばかりを並べて(有権者を)口説こうとしている」と皮肉った。

 党新聞出版局によると、9日号は3日に発送したばかりで、党員からの反応はまだないという。担当者は「新しい自民党の試み。批判は覚悟で掲載した」と胸を張るが、ある中堅議員は「ちょっとやばいな」と不安を漏らした。【木下訓明】

【関連ニュース】
休刊:月刊の自動車雑誌「NAVI」 2月26日発売号で
NAVI:月刊の自動車雑誌、休刊へ
紅白歌合戦:60回記念で久石譲さんがオリジナル曲 テリー&麻里が応援隊に
水樹奈々:紅白歌合戦「デジタル応援隊」に就任 テリー伊藤も「応援隊の城島」と絶賛
八田亜矢子:番組に遅刻 理由はゲーム?お酒?それとも……?

新規インフルエンザ治療薬ラピアクタを発売―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>クマタカが離婚し再婚 国内初確認か(毎日新聞)
ハイチPKO、2月上旬に派遣(時事通信)
無許可業者のごみ収集容認=うその証明書も発行−大阪・松原市(時事通信)
EVバイクにも車両接近通報装置を取り付け(レスポンス)
posted by カサイ サブロウ at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

押尾被告、3月5日に公判前整理手続き(産経新聞)

 一緒に合成麻薬MDMAを服用した女性が異変を起こしたにもかかわらず、救命措置をせずに死亡させたなどとして、保護責任者遺棄致死罪などで起訴された元俳優の押尾学被告(31)について、東京地裁(山口裕之裁判長)は29日、第1回公判前整理手続きの期日を3月5日に指定した。事件は裁判員裁判の対象。裁判員裁判では必ず、争点を絞り込む同手続きが行われる。

 起訴状などによると、押尾被告は昨年8月2日午後5時50分ごろ、東京都港区の六本木ヒルズの一室で、MDMAを服用した飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=がけいれんを伴う錯乱状態に陥ったにもかかわらず、救急車を要請せずに放置し、同日午後6時50分ごろに田中さんを急性MDMA中毒で死亡させたとされる。

【関連記事】
押尾被告弁護人、公判で無罪主張の方針
押尾被告、有名芸能人で初の裁判員裁判に
押尾容疑者、薬物逮捕から伝わる命の重さは…
押尾事件の舞台も? “事故物件”紹介する不動産サイト 
押尾容疑者「ダメだと思って救急車呼ばなかった」 10日間の拘置延長

<火災>民家全焼 焼け跡から遺体 千葉・四街道(毎日新聞)
<詐欺容疑>旅館買収巡り3億円、桑田さんの元義兄逮捕(毎日新聞)
<普天間移設>双方の主張を確認…日米外務・防衛局長会議(毎日新聞)
<お別れの会>金子徳之介さん=2月6日、福島県伊達市(毎日新聞)
秋田市の成人式妨害、20歳の会社員ら5人逮捕(読売新聞)
posted by カサイ サブロウ at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。